ABOUT US

企業理念

建築やインテリアという業界の垣根を「乗り越え」、

Surmount

「建築」はハコだけ、中身は知らない。また、「インテリア」はテナント側の考え方、建築の都合は知らない。という具合に、建築設計とインテリアデザインは考え方が真逆で、業界そのものが違うのが通例です。
ですが我々は、建築もインテリアも分け隔てなくそれぞれの専門家がクロスオーバ-的に思考し、それぞれのメリットを理解し、活かしていくことが出来ます。

デザインと情熱によって「価値」を産み出し、

Worth

クライアントの情熱・思いを最適なかたちでデザインすることが、建築・インテリアに「価値」を生み出します。単にカッコイイとか使い勝手がいいとかいうだけではなく、そこに「想い」や「ストーリー」を描くこと。
うまくデザインされたものが社会的な有益性を持っていることは当然のこととして、そこに加えて、クライアントの要望が、夢が、熱い想いが、その温度を保ったままデザインされることで、単にコストメリットだけではない、そこにしかない価値が産み出されるのだと信じています。

メンバーの「個性」をそのまま強みとし、

Individuality

事務所のスタイルがあるとすれば、それは「メンバーそれぞれの個性を大事にすること」だといえるでしょう。
それぞれの得意技が少しづつ違い、その個性的なメンバーがひとつの「SWING」というチームで力を出し合う。その相乗効果を様々な分野で発揮しています。みんな違うからこそ、力が倍増するのです。

「自然体」でいかなる時も前向きに、

Natural

すべてが思いどうりにいかないのが世の常だとすれば、仕事も思ったように進まないこともあるものです。それを「失敗」「トラブル」と捉えるのではなく、おこるべくしておこった「必要なプロセス」なのだと捉え、固定概念で捉えずに力を抜いて「自然体」で受け止める。
そして、それら不確定要素も含めて良いものをつくり上げるための材料としてデザインし、料理してしまう。

Genuine「純粋」に、「本物」であることを希求します。

ギミックの面白さが単純に「ニセモノ」とは言えないでしょう。
それが本当に良いものと感じられるならば素材の出自は問われないものです。
また、「ホンモノ」の素材や技術でつくり上げる品質は、空気感をデザインします。
表層の、うわべだけのデザインに気を取られず、そのプロジェクトの本質を射抜く「本物」のアイデアは何なのか。
本当に良いものを見抜く価値観を持っていることを、純粋に希求します。
自分たちの仕事が「本物」であるために。

ページの先頭へ戻る