MEMBER

代表取締役 金山 大


Q1------SWINGに入社した動機・きっかけは?
大学を卒業後、組織系建築設計事務所に就職し、大規模マンションや福祉系建築のプロジェクトに携わりました。その後、一緒にスウィングを立ち上げることになる小泉が当時所属していた木造建築の事務所に参画し、個人邸、クリニック、リノベーションのプロジェクトを手掛けました。
一般建築・注文住宅から、店舗インテリアまでボーダーレスのデザイン活動を行うべく、店舗設計事務所を運営していた上水流と共に三人で一級建築士事務所SWINGを立ち上げることになります。
Q2------SWINGでの役割・主な仕事はなにですか。
建築設計、リノ ベーションデザイン、飲食店デザインなど多岐に渡ります。
その上、代表取締役なので、経営に関すること全般です。
会計や経営方針、事務所運営など設計以外のことでも、日々考えることばかりです。
Q3------これまでに印象に残った仕事は?
クライアントの熱意がすべてのキーになっています。設計業はニンゲンの人生そのものに深く関わる仕事でもあるので。
クライアントの熱意によって、僕たちのハートに火がつき、ともに創りあげていく世界を通じてまた、クライアントのココロも動き、ともに感動する。
そんな想いで携わった過去の仕事は、すべからく心に刻まれています。
Q4------お客様と仕事していく上で、気をつけていることは?
スケジュールの共有、予算の共有、感性の共有、夢の共有
Q5------SWINGのメンバーはどんなところがいいですか?
クリエイティブでロマンティックな仕事と外からは思われる反面、とても地味で職人的作業の積み重ねでもある設計・デザインという仕事を生業に続けている、ということは、皆それぞれの人生に独自のロマンをもった人間たちだと思います。
何のために仕事をしているのか、セルフモチベーションが高くないと続かない仕事なので、そこは皆、素晴らしいマインドを持っていると思います。
Q6------今後の目標や夢は?
設計業はマニュアル化が難しく、過去の成功体験が通用しにくい仕事。ある意味、毎回一度きりの経験を積んでいくような非生産性なる一面があります。ツライ反面、初体験の面白さや異なる緊張感、創りあげる喜びに対面できますし、それらを深く味わう感性があると、素晴らしい世界を受け取れる仕事でもあります。
まだ見ぬ未来のクライアントそれぞれの夢とともに、これからもずっと僕自身のスキルや一個人としての器もスケールアップしていきたいです。ともに新たな世界を創り上げていく仲間たちとこれからも邁進していきます。

ページの先頭へ戻る