MEMBER

小泉 宙生


Q1------SWINGに入社した動機・きっかけは?
面白いものづくりをしたければサラリーマンになってはいけないんだ、という単純な思い込みがある若者でした。
そのような考えで、大学卒業後は大学で教鞭をとっておられた建築家のアトリエでお世話になりました。
その後に出会った木材の面白さの虜になり、一時期は材木屋さんの中で住宅設計に携わり、そこで材木などの一次生産者の技術と想いが、ものづくりの根底を支えているということを知りました。
今でもその時の経験と人脈は宝です。その後、大学時代の同期である金山と、すぐあとに上水流と合流して共同で事務所を立ち上げることになります。
Q2------SWINGでの役割・主な仕事はなにですか。
金山とともに代表者となっていますが、一番前に出て担当としてお客さんと会い、物件を動かしていると自負しています。
もちろん各案件に担当者はおりますが、後ろに引っ込んでモノづくりの一番面白いところをすべて担当者に取られたら、何のためにこの仕事をしているのかワケが分からなくなります。
Q3------これまでに印象に残った仕事は?
大手企業さんの社運をかけた大プロジェクトの店舗を設計させて頂いたことがあります。
その店舗のOPEN時に大行列が出来て成功したときですね。そこにかかっている費用と関わっている人々の人数×想いの強さ・大きさを知っていただけに、ものすごい感動と安堵が押し寄せてきました。
また、建築の物件では毎回、構造(柱や梁)が立ち上がる瞬間は大好きで、必ず現場で見届けます。経済性やデザインはもちろん、重力・地震・風にどう耐えるかを考え尽くされて立ち上がるその姿からは純粋な美しさが感じられ、大きな感銘を受ける瞬間です。
Q4------お客様と仕事していく上で、気をつけていることは?
良い意味でクライアントの予想を裏切る、感動させる提案が出来るように心がけています。
要望を叶えた上で、更にその上を行くものをつくり上げること。言われた通りのモノをつくるだけならば、誰にでも出来ます。
また、商業デザインの部分で大切なのは「デザインのためのデザイン」をしないこと。見た目が単にカッコイイことや、時にはクライアントの好みよりも、「商売として成り立つ設計」をしなければならないことです。色や形の裏にある、ストーリーを大切にしたいですね。
Q5------SWINGのメンバーはどんなところがいいですか?
しぶといところですね(笑)
「この仕事はどうあるべきか」の点に関して、妥協しない姿勢は皆一貫しています。
それはもちろんクライアントのためであり、結果的に自分たちのためにもなるのです。
Q6------今後の目標や夢は?
メンバー各々の能力がとても充実してきました。それらを最大限活かせる働き方はどうあるべきかを考えています。
今の得意分野にこだわらず、各々がこれまで担当したことのない案件を手がけて横幅を広げていくことが、今の目標ですね。そのことが各々の実力に更なる深みを与えてくれると思います。何よりも、常に新しいことに挑戦していかなければ面白くないですからね。
夢は、メンバー皆がクライアントに必要とされ、頼られてクライアントに指名されるような人材になってくれること。さらに、その下の新しいスタッフも育っていく土壌・サイクルをつくり上げることですね。

ページの先頭へ戻る