works

before

先代が随所にこだわりを持って建てられた和風の住宅でしたが、間取りに少し不満がありました。南側が昔ながらの和室の続きの間となっており、普段家族が居る居間が奥の薄暗い場所。庭に面した南側へLDKを移動させることが一番のご要望でした。

after

南側の続きの間をリビング・ダイニングとし、和室横の縁側を更新したデッキスペースを介して庭と繋がる開放的なつくりになりました。建具は前面開放できる木製建具です。住まいの顔となる玄関は、モダンなデザインで少し増築。窓も増えてとても明るくなり、余裕が出来た面積で玄関収納も充実させませした。

親から子へ受け継がれる住まいが、現代の生活と家族構成の変化に応じて改修されることで、新たな命を吹き込まれました。

桜井のリノベーション

所在地
奈良県桜井市
概要
専用住宅 リノベーション
施工面積
80.8坪
引渡し日
2016.07
写真
冨田英次

ページの先頭へ戻る