works

before

築33年の賃貸テナントビルバリューアップとして、塗装や防水の修繕工事時期とあわせてデザイン改修を依頼頂きました。
工事予算が限られる中、費用対効果(入居率をあげること)にポイントを絞ってデザインを行いました。

after

まずビルそのものの現在持っているプラス 面を注意深くカウンセリングし、完全に今風のデザインにすることに、ビルのトータルイメージに違和感がでることを危惧しました。
クライアントとの話し合いの結果、オールドビルとしてのパワーをより正しい方向へ整えることを主眼に進めることになりました。
趣ある従来のサインを引き継ぎ、ウッド、タイルなどオーセンティックなニュアンスで時の積み重なりを醸し出すことで、ビルのもつ本来の雰囲気をバリューアップさせることができました。

共栄ファイブビル(RC8階建)

所在地
大阪市北区
概要
エントランス・外壁改修

ページの先頭へ戻る