works

before

60代のご夫婦が長年暮らしてきたマンションを、終の住処として全面改装しました。
3LDK(約22.5坪)の一般的な間取り、築40年のマンションです。
窓からは緑が溢れる公園が見え、日当たりも良く、しっかりと管理されていました。
ご夫婦お2人で住まう、「明るく、料理のしやすい家」がご要望でした。
また、食器・洋服などを多くお持ちのため、大容量の収納が必要となりました。

after

LDK・水廻りの明るさの確保、キッチンから各所への動線計画がテーマの一つとなりました。
元々和室+LDKとして区切られていた壁を無くすことで、バルコニー側の窓全てにLDKが面することになり、明るく広々とした空間を実現しました。
寝室からウォークインクローゼットを通ってキッチンへ行ける回遊動線としています。
リビングから水廻りへの直接アクセスを選択し、バルコニーからの光を採り入れると共に、年配のご夫婦にとって使い勝手の良い動線を実現しています。
玄関からの視線を調整するため、リビングへの廊下は柔らかな曲線を描く廊下で繋げています。
全面改装のため、もちろん住戸内の配線・配管も全て更新しています。

あたたかな終の住処(マンション)

所在地
大阪府豊中市
概要
マンションリノベーション
施工面積
74㎡(約22坪)

ページの先頭へ戻る